カードローン審査

審査に落ちる理由

審査に落ちる理由

他社の借り入れ件数が容量オーバー

審査落ちの原因第1位がこれです。
手当たり次第に申し込みをするのはやめましょう。

 

ブラック(延滞・事故)

借入額が多すぎる、返済延滞、踏み倒し等の原因で「ブラック」となってしまっている人。
これは無条件でNGです。

 

申込みブラック

短期間で3社以上に借り入れの申し込みを行い、審査落ちを繰り返した場合に「申し込みブラック」という扱いになります。審査が通らないからと複数の機関で手続きを行うのはやめましょう。

 

属性与信0

モデル属性の評価が悪いために、融資額が0となる場合をさします。

 

勤続年数が基準に満たない

各金融機関によって異なりますが、3ヶ月未満だと無条件でNG、中には6ヶ月未満でもNGを出すところもあります。

 

居住確認

住居の確認が取れない、免許証がない、固定電話がない、住宅地図に載っていない地番を表記した等。この場合は勤め先に確認の電話が入りますが、各金融機関は必ず個人名での呼び出しを掛けてくれるのでお金を借りるということが周囲にバレることはありません。
また、最近は電話確認や郵便物を使用せず、WEB上で全ての確認を行うサービスがモビットから出ています。

 

自宅電話・携帯電話が料金未納で止まっている

連絡が取れないという時点でNGです

 

職業が規定NG

金融機関、消費者金融が独自にNGとしている職業に当てはまった場合です。

 

 

【他社借り入れ件数が許容オーバー?】
消費者金融については競合姿勢があるために、他社の借り入れ許容件数に関する情報が極端に少ないです。顧客側も事情をわからずに何件もの申し込みをしてしまい、この他社借り入れ許容件数に引っかかり審査落ち……これを繰り返して「申し込みブラック」になってしまうことが多いので、注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ