カードローン審査

審査のポイント

審査のポイント

最近では、インターネット申し込み可能という便利さから金融機関の借り入れ審査を希望する方が急増しています。
同じように、審査に落ちる方も増えました。
元より、ローンを申し込むことが後ろめたく、出来れば誰にも知られたくないと思われる方は多いと聞きます。ネットでの審査申し込みに関しても、こういった顧客の声を反映したからこそできました。

 

そもそものところ、審査は〝信用性〟の是非を問うものです。
あなたにお金を貸しても大丈夫なのか、きちんと返済してくれるのか……それを、申し込み内容に記載された情報だけを元に調べていくわけです。
金融取引の履歴、年齢や年収、住居、形態……信用情報機関の調査と各金融機関が持つモデル属性に合致しないかどうかは、確かに重要です。
ただ銀行側の調査や判断については、借りる側からは口を挟むことができません。

 

お金を借りたいからと自ら嘘をつく方もいるでしょうが、大半の方は事実を書くでしょう。
それでも「ネットの手軽さ」があるゆえに、慎重さに欠ける方は後を絶ちません。
本人にそのような意図がなくとも、住所の漢字を間違えた、電話番号の数字を間違えた、となれば金融機関側は事実確認が取れません。
虚偽の有無を見るためのものに「書き間違えたのかな?」などという優しい想像をしてくれることは無く「やましいことがあるから嘘をついたのか?」と、NGを出すんです。

 

ネットからの申し込みは確かに楽ですが、その場で間違いを確認できるのは自分だけです。
要するに、皆さまが適当に打ち込みそのまま送ったものに誤りがあれば、誰に確かめられることもなく嘘だとみなされ、通る審査も通らない。これを何回も繰り返してしまえば、借り入れ自体が出来なくなってしまうという悪循環です。

 

カードローンの会社に関しては、虚偽や嘘を嫌います。
何度も申し上げますが、ネットからの申し込みの際は慎重に。金融機関に知らせる情報に間違いがないかをしっかりチェックしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ