カードローン審査

5分で分かるカードローンの審査

審査通過のためのカードローンの申し込み法

多くの人が審査に通過し、カードローンを上手く利用しています。
しかし、申込みをした人の中には、審査に落ちてしまう人もいます。
申込みのときのほんのちょっとした工夫で、審査通過の可能性をアップさせることもできます。
カードローン申込みで失敗しないために、大切なポイントを押さえておきましょう。

 

≪嘘の申告はしない≫

融資を受けたいために、収入額を多めにごまかしたり借金の額を少なくごまかしたりする人は結構います。
でも、そのようなことをしても、審査にプラスになることは一切ありません。

 

金融機関はカードローンの申込みがあったら、信用情報機関というところで申込者の情報を照会します。
この信用情報機関には、他社の借入情報や申込み情報などが登録されています。

 

ですから、現在の借金がいくらあるかなんて、金融機関側にはお見通しです。
審査が通る可能性があったとしても、嘘があった場合には信用を失って融資不可になるかもしれませんよ。

 

≪借入先は少しでも減らす≫

借金総額が少ないよりも、借入先が少ないほうが審査に有利に働きます。
例え少額の借入だとしても、複数の金融機関から借りている人は多重債務の恐れがあるとして不安視されます。
可能なら少額の借入先は早く返済し、解約しておきましょう。

 

≪在籍確認に備えておこう≫

在籍確認とは、勤務先に電話を掛けて本当に在籍しているかを確認することです。
カードローン申込みの際に在籍確認の電話をしない金融機関もありますが、やはりこの在籍確認を重視している金融機関も多いものです。

 

出先で電話に出られないとしても、会社の人が代わりに受け答えをして在籍確認ができればOKです。
何もカードローンの申込みをしたと正直に言う必要はありませんので、念のため会社の人に自分宛の電話が掛かってくると話をしておくと良いでしょう。

 

≪延滞はしないこと≫

過去に延滞歴があったとしても、まったく新規のカードローン申込みができないわけではありません。
しかし、直近で返済が遅れてしまったことがあれば、カードローンの審査通過が非常に難しくなりますよ。
ついうっかり返済期日を忘れて遅れてしまうことは、あっては無いことです。
金融機関への信頼を無くすことが無いように、返済期日を守りましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ