カードローン審査

申込みブラックを避ける

申込みブラックを避ける

通常ブラックリストというと、自己破産などのイメージが強いですよね。
でも、お金を借りたわけでも無く返済が遅れたわけでもないのに、ブラックになってしまうことがあります。
それが申込みブラックというものです。
では、申込みブラックについて考えてみましょう。

 

≪申込みブラックとは?≫

短期間に3社以上立て続けにキャッシングに申込むと、申込みブラックの状態になります。
契約をしていなくても申込みの事実があるだけでアウトです。

 

信用情報機関には取引履歴以外にも、キャッシングやローンの申込み履歴まで登録されてしまいます。
でも申込みするだけならなにも悪いことなのに、なぜブラックになるのでしょうか?

 

それは複数のキャッシング業者に立て続けに申込みしている行為が、資金繰りに困っている怪しげな行為に写るからです。
切羽詰まっている人は返済困難になる可能性が高いので、融資を見合わせるのです。

 

この状態になったらいくら申込んでも、否決になってしまいます。
スピード審査をするキャッシング会社なら、数秒で落とされてしまいますよ。
「数打ちゃ当たる」という考えで手当たり次第キャッシングに申込むのは、何の意味もありません。

 

≪申込みブラックを避けるには≫

あまり有名じゃないキャッシング会社なら申込件数を気にせず融資してくれる場合もありますが、そのような会社は金利が高くオススメできません。
申込み情報はずっと保管されるわけではなく、半年経てば削除されます。

 

1社、2社申込みした時点で落ちてしまうなら、まだキャッシングができない属性だとあきらめましょう。
申込み情報が削除されたら、申込みブラック吐解消されます。

 

ただし、前回で申込みブラックになる前に審査に落とされてしまったのには原因があるはずですから、状況が何も変わっていなければ意味がありません。
しばらくは属性を高くするためできるだけ借入を減らしたり、勤続年数を増やしたりします。
そして半年以上経てば、またチャンスがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ