カードローン審査

パートや派遣社員でも利用できる?

パートや派遣社員がキャッシングをするにはパートや派遣社員がキャッシングを出来るか?

パートや派遣会社の人でも、キャッシングは可能です。
申込み時に失敗して秘訣にならないように、スムーズなキャッシングについて考えてみましょう。

 

≪勤続年数は最低でも6ヶ月以上≫

専業主婦の人がキャッシングをしたかったら、パートに出て定収入を得るのが簡単です。
だからといってパートが決まって間もないうちに申込んでも、否決になってしまいます。

 

勤続年数はキャッシング審査の項目でも重要視されている部分で、6ヶ月以下だと審査さえしてもらえず即落とされてしまいます。
特にパートやアルバイトはスグに辞めてしまいがちだと判断されます。
長ければ長いほうがいいですが、最低でも6ヶ月以上は待ったほうがいいでしょう。

 

≪派遣社員はどうすればいい?≫

派遣社員は、給与は派遣元からもらっているけど、実際に働いているのは派遣先の会社です。
申込み時には勤務先の名前を書く欄がありますが、どちらを書いたほうがいいか迷ってしまいますよね。

 

キャッシングの申込みフォームの中には、両方書けるようになっている場合もありますが、一つしか欄が無い場合には派遣会社名を書きましょう。
あくまでも派遣という立場なので、他の派遣先に移動になる可能性もあるからです。

 

在籍確認がある場合には、できれば派遣元の人に事前に話を通しておいて、在籍確認に応じてもらうようにします。
それができないなら在籍確認のないキャッシングを探すか、キャッシング会社に相談してみましょう。
派遣会社でも長期勤務だと社会保険に加入できるので、その保険証があれば在籍確認無しでもキャッシングできることもありますよ。

 

≪長期派遣が有利≫

パートや派遣会社は職業属性が低いので、審査に厳しいキャッシング会社なら落とされてしまうかもしれません。
また、毎月収入があったとしても、毎月勤務先が変わるような短期派遣を繰り返している人は、かなり審査で不利になります。
反対に同じ会社へずっと派遣されて働いている人は、審査面でも有利ですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ