カードローン審査

基本的な利用資格とは?

カードローンの基本的な利用資格とは?

もしものときにとても便利なのが、カードローンです。
しかし、便利なカードローンですが利用資格があります。
利用資格に達していないと申込みすることすらできません。
では、一体どのような基準があるのでしょうか?

 

≪年齢制限とは?≫

ほとんどのカードローンでは、20歳以上じゃないとカードローンは使えません。
まれに18歳以上でも使える場合もありますが、学生は不可です。
以前は大学生向けのローンもたくさんありましたが、経済状態の悪化や貸金業法の改正により、そのようなローンは無くなりました。

 

上限年齢は、60歳もしくは65歳であることが多いです。
これは年金の受給年齢に関係しています。
カードローン会社によっても若干異なるので、必ず事前に確認しましょう。

 

≪収入制限≫

カードローンは、安定した収入がある人じゃないと申込めません。
例外的に専業主婦が申し込めるカードローンがありますが、この場合は配偶者の収入が安定していなくてはなりません。

 

また、貸金業法では、年収の3分の1までしか貸付ができないと決められているので、あまりにも収入が少ない人は申込みが却下になってしまうこともあり得ます。
アルバイト生活で年収が120万円しかないのに、50万円のカードローンに申込めないということです。
ただし、銀行のカードローンの場合は貸金業法の対象外です。

 

≪過去に重大な金融事故を起こしていない人≫

金融事故、いわゆるブラックリストと呼ばれるものですが、ブラックリスト状態の人は例え申込んだとしても、すぐに断られてしまいます。
自己破産や債務整理の情報は7年以上もその記録が残ることもあり、その間はカードローンだけでは無く他の借入もできません。

 

≪他にも細かい利用資格がある≫

カードローンの種類によって、利用資格は様々です。
例えば高額なカードローンの場合、年収にも下限が定められていることもあります。
JAの場合だとその地区に住んでいるか勤めているかという条件がついていることもあります。
このように、利用資格は様々なので、ムダな申込みを繰り返さないためにも一度条件を確認するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ