カードローン審査

カードローンは審査が厳しいほうがいいか甘いほうがいいか?

カードローンは審査が厳しいほうがいいか甘いほうがいいか

カードローンに審査はつきものですが、会社によって基準が異なるので、審査にパスする場合もあればそうではない場合もあります。
属性に自信がない人は審査が甘いほうがいいと思いがちですが、必ずしもそうとは限らないようです。

 

≪審査に通りやすい=適当な審査ではない≫

良く審査が甘いとか緩いとかの表現を使いますが、まともなカードローン会社の場合、決していい加減な審査をしているわけではありません。
カードローンの申込みがあれば必ずその人の収入や職業について審査しますし、信用情報機関にも照会をします。

 

ですから、無職で無収入の人が申込むことはできませんし、多重債務で総量規制いっぱいに借りている人も落とされてしまいます。
審査をパスするために嘘の情報を申告しても、審査でばれてしまいます。

 

審査が通りやすい、通りにくいという線引きは、カードローン会社がそれぞれで設定している基準で決まります。
例えば4社の借入がある場合、3社以上の多重債務は有無を言わさず落とすという基準があるA社であれば、収入がどんなに高くても落ちてしまいます。

 

ところがB社では4社までは許容範囲なので、他の属性に問題が無ければ審査を通過する可能性が出てきます。
このような基準があらゆる項目で異なってくる可能性があるので、通りやすい会社とそうではない会社があるのです。

 

≪審査が厳しくてもメリットがある≫

金利が低く利用限度額も大きいカードローンは非常に便利で、複数ある借入のおまとめにも利用できます。
しかし、いい商品だからこそ信用のある人に利用して欲しいので、審査はより厳しくなります。
属性が良い人なら、多少審査が厳しめでも条件の良いカードローンに申込んだほうがお得です。

 

また、キチンとした会社だからこそ、審査もちゃんと行っているのです。
法外な金利を取るような怪しい消費者金融では属性が低くても審査に通るかもしれませんが、その後の返済が不安になります。
一概に審査が厳しいからダメだとは決めつけないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ