カードローン審査

審査に落ちる理由が分からないとき

キャッシングの審査に落ちる理由が分からないとき

キャッシングに申込んだら、収入や借入状況などあらゆる面で審査をし、その人に返済能力があるかどうかを調べます。
ところが、どんなに考えても審査に不利になるようなことはないのに、どうしても落ち続けてしまうことがあります。
落ちてしまった理由をキャッシング会社に訪ねても答えてはくれませんので、審査不可になる理由の落とし穴について考えてみましょう。

 

≪奨学金の可能性≫

最近、大学時代に借りた奨学金を返済しない人が増えていますが、このような場合でもブラックリストに載る可能性があります。
消費者金融のような督促もありませんし金利も低い。
ペナルティが小さいために奨学金返済を後回しにしてしまう人が多いのですが、軽い気持ちでしてしまうと後悔しますよ。

 

≪携帯電話料金の滞納≫

光熱費の滞納をしたからといって、その情報が信用情報機関に登録されることはありません。
しかし、携帯電話料金は別です。
携帯電話やスマートフォンは端末料金が非常に高く、月々の電話料金と一緒にして分割払いをするのがほとんどです。

 

ですから、電話料金を滞納しているということは、端末割賦料金も滞納しているということになります。
一度登録されてしまうとなかなか消えないので、数年はキャッシングの申込みにひびいてしまいます。

 

≪自分の情報を調べたいとき≫

自分で自分の借入状況を正しく把握していない場合もありますし、他にも知人や家族のなり済ましによる不正利用や、間違いでの登録などの可能性も捨てきれません。
明らかに間違いである情報があるなら手続きを踏んで、消してもらうことも可能です。
自分の登録情報を調べたいなら、信用情報機関に情報開示を求めましょう。

 

信用情報機関は、JICC、CIC、全国銀行協会の3つです。
情報開示の方法はそれぞれ対応が若干異なりますが、直接窓口に行けなくても郵送やネット開示など様々な方法があります。
情報開示には費用もかかります。
詳しくは各公式ホームページにて確認しましょう。

審査に落ちる理由が分からないとき関連ページ

カードローンの審査が通らない!考えられる理由は?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
もしもカードローンの審査に落ちてしまったらどうする?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
審査が厳しいカードローンとはどんなもの?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
審査がゆるいカードローンとはどんなもの?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
カードローン審査時の在籍確認はパスできない?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。

ホーム RSS購読 サイトマップ