カードローン審査

カードローンの審査が通らない!考えられる理由は?

カードローンの審査が通らない!考えられる理由は?

カードローンは家計がピンチのときや急な出費のときなど、とても便利に役立てられますよね。
でも、申込んだら必ず利用できるとは限りません。
中にはどうしてもカードローンの審査が通らないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?
そんな人は、一度カードローンの審査に通らない理由について考えてみましょう。

 

≪返済能力は十分?≫

カードローンの審査で必ず見られるのが、返済能力です。
金融機関もビジネスですので、ちゃんと返してくれる人に融資をしたいのです。
本人がいくら返せる自信があっても、それを証明できなくてはいけません。

 

返済能力は収入、職業、勤務日数、現在の債務状況などを調べて、総合的に判断されます。
これはアウトだろうと思われるのは、以下の通りです。

  • 収入が著しく少ない、もしくはゼロ
  • 勤務して6ヶ月未満
  • 現在の債務が収入の3分の1以上を超える

 

≪申込書類や情報に不備が無いか≫

カードローンの申込み時には、申込書類に必要事項を入力・記入し提出します。
名前や連絡先、勤務先の名前や所在地、そして現在の債務状況について申告します。
当然ですが、これらの情報を偽って申告してはいけませんし、例え嘘を付いたとしてもすぐにばれてしまいます。

 

一番気を付けないといけないのが、債務状況です。
融資を受けたいばっかりに借入先の数や金額を少なく見積もる人は多いのですが、信用情報機関に照会され嘘がばれてしまいます。
多少の誤差は許容範囲ですが、明らかに嘘だと思われるような大幅な誤差は、信頼を失い審査に落ちてしまいます。

 

≪借入先は多すぎない?≫

カードローンを提供する金融機関が審査のときに重要視しているのは、借入先の数です。
一般的に3社以上のカードローンの利用があると、新規の借り入れはかなり難しいと言われています。

 

例え総額の借金が少なくても、借入先が多いとすぐに債務が膨らんでしまう恐れがあります。
多重債務者は現在の借入額が少なくても、返済困難予備群と判断されて審査落ちしてしまいます。
ですから完済可能なものは、片っ端から無くしていくのがいいでしょう。

カードローンの審査が通らない!考えられる理由は?関連ページ

もしもカードローンの審査に落ちてしまったらどうする?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
審査が厳しいカードローンとはどんなもの?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
審査がゆるいカードローンとはどんなもの?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
カードローン審査時の在籍確認はパスできない?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
審査に落ちる理由が分からないとき
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。

ホーム RSS購読 サイトマップ