カードローン審査

カードローン審査時の在籍確認はパスできない?

カードローン審査時の在籍確認はパスできない?

カードローンに申込んだら様々な項目に渡って審査を行いますが、その中に在籍確認というものがあります。
在籍確認とは申告された勤務先に電話して、その人が本当に在籍しているのかどうかを確認する作業です。
しかし、カードローンの利用はできるだけ周囲の人には知られたくないですよね。
在籍確認はどうしかパスできないのでしょうか?

 

≪会社名は名乗らない≫

在籍確認といっても「○○金融ですが、××様はいらっしゃいますか?」と電話を掛けてくるわけではありません。
あくまでもオペレーターの個人名を名乗るので、カードローン会社名が知られてしまう心配をしなくてもいいですよ。
また、電話は必ずしも本人が取る必要はなく、社内の別の人が取って対応しても大丈夫です。
在籍事実が確認できればいいので、「席を外しています」という返答でもかまいません。

 

≪在籍確認が難しい場合≫

しかし、いくら個人名を名乗らないと言っても、その人の職業上名指しで勤務先に電話が掛かってくることが不自然なこともあります。
デリケートな情報を扱っている部署だと、まったく外部と取次がない場合もあります。
その場合は総務など職場の人に相談して、そのような電話に対応してくれるようお願いする方法もあります。
クレジットカードや銀行の融資申し込みなど言いやすい理由でいいので、可能な場合はお願いしてみましょう。

 

≪在籍確認をどうしても避けたい場合≫

事情があって在籍確認が難しい場合、もしくはしたくない場合に避ける方法はないのでしょうか?
まずは、カードローン会社に事情を話して、在籍確認をパスしてもらう旨を相談してみましょう。

 

他に在籍を確認できる方法があれば、免除してくれる場合もあります。
例えば社員証のコピー、社名の入った源泉徴収票、社会保険証などのコピーを提出
すればOKのこともあります。
指定口座さえ持っていれば在籍確認のないカードローンもあるので、前もって下調べして申込むといいですね。

カードローン審査時の在籍確認はパスできない?関連ページ

カードローンの審査が通らない!考えられる理由は?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
もしもカードローンの審査に落ちてしまったらどうする?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
審査が厳しいカードローンとはどんなもの?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
審査がゆるいカードローンとはどんなもの?
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。
審査に落ちる理由が分からないとき
金融業界のプロが教える!誰でもカンタンにわかるカードローン審査のコツを伝授します。

ホーム RSS購読 サイトマップ